神戸のホテル「ホテルオークラ神戸」神戸のホテル「ホテルオークラ神戸」

メニュー閉じる

キャリアパスCareer paths

ホテルオークラ神戸の将来を担う人材の育成を心掛け、
本人の意欲と適正・能力でステップアップしていきます。

ホテルオークラ神戸では様々な研修制度があります。内定から入社、配属後も1人1人のステップアップの為充実した研修を受講することができます。

入社後の流れ(新卒採用)

内定~入社迄

学生から社会人への第一歩

内定から入社までは、内定者通信を発信し、ホテルの歴史や組織及び接遇について理解度を深めていただきます。また、入社前研修を実施し、ホテルオークラ神戸の歴史・規則・ホテリエとしての基本的な心構え、立ち振るまい等を習得していただきます。研修を受けていく中で学生から社会人への意識が芽生えはじめます。

入社式

社会人になる日。これからの自分を想像して。

ホテルオークラ神戸では、ホテル内の宴会場にて入社式を行います。社会人の心得を再認識いただくとともに、自分の夢への第一歩となります。

研修期間終了後

配属が発表され、各セクションへ。

研修期間終了後は、各セクションに配属され、そこでの仕事の研修を受けながら、ひとりのオークラスタッフとして働いていただきます。3カ月間は見習期間として「Trainee」のバッジをつけて働く期間となります。

3ヶ月目~3年迄

見習期間が終了し、いよいよ一人立ち。

入社3ヶ月後には見習期間を終了しフォローアップ研修を実施します。その後、6ヶ月後に個人面談、1年後、2年後、3年後には集合研修を実施します。具体的な目標を設定し、自己の成長と課題を確認し、5年後、10年後のなりたい自分をイメージしていただきます。

研修制度

■昇格(昇進)時研修

昇格(昇進)時には、新たに与えられる業務の役割や心得に関する研修を実施します。又、新しい役割をしっかり認識することにより更なる活躍をしていただきます。

対象者 昇格(昇進)者
時期・期間 都度

■英語研修

ホテルで使用する実践的な英語研修を毎週実施しています。英語が苦手といった方でも社内で英語の勉強をし日々自分のスキルをアップする事ができます。


対象者 宿泊・料飲・希望者
時期・期間 通年

■ONE ラーニング

入社5年以上の社員が対象。ホテルで働く上で必要な知識をインターネットを使い受講することが出来ます。自分のペースで無理なく勉強をする事ができ、現在の講座数は140講座。あらゆるホテルの知識を習得しキャリアアップに繋がる研修です。

対象者 入社5年以上の社員
時期・期間 通年

さまざまなセクションでキャリアをつむことができ、チャレンジする環境がととのっています。

西川 岳彦

■営業部 宴会予約課/課長

西川 岳彦

■営業部 宴会予約課/課長

Interview

ワンランク上のサービスを心掛け、お客様に最高のおもてなしを

オークラをご利用いただくお客様は上質な空間やワンランク上のサービスをご希望されていらっしゃいます。その高いご期待にお応えできる様、日々のお迎えに始まり、中長期的なイベントの開催内容の決定に至るまで、オークラならではのご提案を日々模索する事にとてもやりがいのある仕事と感じています。

1997年4月 【1年目】

宿泊部 フロントサービス課 アッシャー係

他のホテルではドアマンといいますが、ホテルオークラ神戸では”アッシャー”といいます。お客様がホテルにご来館になられた際に一番最初にお迎えするホテルの顔。正面玄関に車が見えただけでお客様が分かる様、毎日メモを取り続け、7年間の在席中に車番を約600台覚えることができました。お客様が車から降りられる前から、お客様の行動を推し測り、ご案内をしていくことは一歩すすんだサービスでとてもやりがいがあります。

2004年4月 【8年目】

宿泊部 フロントサービス課 ベル係

ロビーにて24時間体制でお客様のご案内を多岐にわたり行います。宿泊のお客様をはじめ、レストラン、ご宴席、ヘルスクラブのご利用など、さまざまな方に適切なご案内を行うには、瞬時の判断や、豊富な知識が必要となります。国内外のお客様のご希望にお応えすべく、ホテル内の他セクションとの連携はもちろん、ホテル周辺の観光情報などの知識も必要となり、とても勉強になるセクションです。

2010年4月 【14年目】

営業部 宴会予約課

ご結婚に関わる全ての業務を担当しています。挙式と披露宴はもちろん、他にもお顔合せやご結納、お写真の前撮りなども業務に含みます。冠婚葬祭の中でも一番華やかでおめでたいシーンを提案できる、とてもやりがいのある仕事です。

堀 紗也可

■宿泊部 フロントレセプション課

堀 紗也可

■宿泊部 フロントレセプション課

Interview

お客様はもちろんスタッフにも「思いやりの心」を大切に、上質なサービスをご提供できるように日々精進

ホテルオークラ神戸の魅力はお客様に対してはもちろん、従業員同士もチームワークや相手を思いやる気持ちを大切にしているところです。私は今まで二度の育児休暇を取得しておりますが、復職する度に休職していた事を忘れるぐらい温かく迎え入れてくれます。人を思いやる気持ちを大切にすることは、質の高いサービスを提供することに繋がると考えています。

2007年5月 【1年目】

宿泊部 客室予約課

客室予約課の業務は主に、お客様のご宿泊予約を電話・インターネットを通して受注しパソコン上に予約を作成する業務です。電話やメールにてサプライズ演出等のご相談を受け、最適なプランやお部屋タイプをご提案することもあります。その他にもお客様や旅行代理店の方と打ち合わせを行い、お客様に安心してチェックイン当日を迎えていただけるように準備をする仕事です。

2009年3月 【3年目】

宿泊部 フロントレセプション課

フロントレセプション課の業務は主にチェックイン・チェックアウトを行うことがメインですが、お客様からのご要望に応じて館内のご案内はもちろん、館外に関するご案内もいたします。その他会計の締め作業や翌日チェックインを迎えるお客様のお部屋割りや手配物の準備をする事もフロント業務の一つです。また最近は海外からのお客様も増えた為、依頼を受け通訳業務を行うこともあります。

北村 慎吾

■営業部 セールス課 東京営業所/所長

北村 慎吾

■営業部 セールス課 東京営業所/所長

Interview

親切と和を大切に、お客様の喜びが原動力

仕事へのこだわりは、企業理念である「親切と和」です。仕事に対して親切であることをモットーに、自分自身が手にした案件を大切・親切に対応します。その思いがスタッフに伝わり、その力が和となります。最終的にお客様に喜んでいただき、そしてその喜びがスタッフの喜びとなることがホテルオークラ神戸の魅力であります。

1998年4月 入社

ホテルオークラにて研修

1999年4月 【2年目】

料飲部 食堂課 カフェレストランカメリア

カメリアとルームサービスで勤務。ウェイター勤務のカメリアではお客様のテーブルへキッチンから出来上がった料理を届けること、ルームサービスでは料理をお客様のお部屋へ届けることが担当でした。いずれの時も、お料理を運んだ際にお客様に何か一声を掛け食事を楽しんでもらいたいと思っていました(特にルームサービスでは長時間にならないよう注意しながら…)。

2003年3月 【5年目】

料飲部 宴会課

宴会サービス課に異動。キャプテン(黒服)となり、宴席の責任者として滞りなくお開きになり、お客様に喜んでいただきたいと思ってました。宴席には1,000名を超える大きな宴席やVIPの方が出席される宴席と様々あり、そして華やかな披露宴があります。宴席は一人の力ではうまくは進みません、宴席前に各スタッフと打ち合わせ・確認を行い万全な態勢で臨むことに注意しました。

2006年1月 【8年目】

営業部 宴会予約課

今までは当日の会場でのお手伝いでした。ブライダルを担当する宴会予約課では当日までの打ち合わせ係を担当しました。ここで、披露宴を受注することと、受注した後の披露宴を作り上げることの難しさがわかりました。と同時にお客様(新郎・新婦)の披露宴が終わった後のものすごい笑顔を見れたことはとても嬉しかったです。ここでの打ち合わせの進め方は次のセールス課で役立っています。

2007年9月 【9年目】

営業部 セールス課

セールス課は宴席、宿泊、レストラン等、ホテルの全てを販売します。宴席には周年祝賀会、忘年会・新年会、お別れの会等様々あり、常に情報に注意を払い、市内他ホテルよりも早く情報を入手し、セールスに向かうことを心掛けます。何度も訪問を繰り返し、やっと問い合わせをいただき、お手伝いができた宴席は嬉しいものがあります。現在は東京営業所にて勤務しております。

根岸 晶子

■営業企画室/副課長

根岸 晶子

■営業企画室/副課長

Interview

オークラの伝統を大切に受け継ぎながらも新しいことへ

営業企画室は、「ホテルオークラ神戸」というブランディングを確立するセクションでもあるので、その主軸がぶれないようにしています。その上で新しいものを取り入れ、お客様にとって魅力ある商品を打ち出す企画をはじめ、ツールを制作したりしています。伝統を大切にしながらも、新しいことを取り入れていくことができる環境はホテルオークラ神戸の魅力のひとつです。

1994年4月 【1年目】

宿泊部 電話交換室

ホテルの代表電話を受ける窓口になりますので、ホテル全体のことを知っておかなければならないセクションです。ホテルへ来る前にホテルの印象を左右しますので、声の印象はもちろん会話力も必要とされ、迅速かつ丁寧にお客様からの要件をお聞きし、ご案内や目的の場所に電話をつないでいきます。お客様と顔を合わせてお話しすることはありませんが、スタッフは常に目の前でお客様がいるかのごとく話をしています。

2004年10月 【10年目】

営業企画室

ホテルイベントをはじめ、新商品の企画・サポート、カルチャーサロンの運営、広報関連、顧客管理など業務内容は多岐にわたります。ホテルの商品を販売する上で必要な情報を宣伝するツールの制作はもちろん、WEBでの告知やSNSを使った告知、各マスコミへのアプローチも行っています。またお客様の貴重なご意見を形にしていくCSの向上や顧客満足度を高める取り組みも行っています。