神戸三宮のランドマークホテル、ホテルオークラ神戸のレストラン

Restaurant & Bar    レストラン・バー

神戸ビーフ

世界中の人々の舌を魅了する、世界に誇る最高級牛肉

1868年、開国当時から人々に愛され続けている神戸ビーフ。 その美味しさは世界中の人々の舌を魅了し、グルメの歴史に名前を刻んでいます。世界に誇る日本の「神戸ビーフ」をぜひホテルオークラ神戸で味わってください。

神戸ビーフの美味しさの秘密

厳しい認定基準

最初から神戸ビーフとして生まれてくる牛はいない。

「但馬牛」の中でも一定の品質基準を満たす「選りすぐり」だけが「神戸ビーフ」の称号を得ています。

【繁殖・肥育】
兵庫県内の指定生産者が、愛情を込めて純潔の但馬牛の子牛を繁殖・肥育。

【出荷】
兵庫県の食肉センターに出荷され、全頭BSE検査後、市場に出荷。

【格付け】
霜降りの度合いを表す「B.M.S.」がNo.6以上、また肉質やきめ細やかさ、重量制限など厳しい条件にあてはまるものだけが「神戸ビーフ」と認定。

比類なき名門素牛の血統

牛肉の肉質を左右するのは何よりも「血統」

日本海に面し、平野が少ない産地・但馬地方に起源をもつ但馬牛。現存するごくわずかな日本原種の黒毛和牛のなかでも頂点とされ、全国の和牛品種改良の「素牛」として使われています。

大切な遺産「神戸ビーフ®」を守る、農家の誇りと愛情。

子牛たちは清澄な水と選び抜かれた飼料とともに、ストレスなくのびのびと育てられ、ゆっくりと成牛になります。手間ひまがかかるため、年間肥育できる頭数も限られています。

おいしさの特長

神戸ビーフ®のおいしさは科学でも証明されています。

霜降りとは、脂肪が筋肉の中に細かく入りこんだ状態のこと。神戸ビーフは、このサシ(脂肪分)が人肌で溶けるほど融点が低いのが特長。きめ細かく上品な甘みのある赤みが、脂肪の風味・香りと溶け合うハーモニーが、神戸ビーフの醍醐味です。また、おいしさの決め手であるイノシン酸やオレイン酸が豊富であることが化学分析で明らかになっています。

【霜降り】融点の低いサシ(脂肪)がとくに細かく筋肉の中に入り込んでいる。
【赤身】 肉繊維がきめ細かく、上品な甘みがある。
【うまみ成分】脂肪の風味の決め手であるオレイン酸やうまみ成分イノシン酸を豊富に含む。

資料提供:神戸菊水株式会社

神戸ビーフを味わえるレストラン

鉄板焼 さざんか

選び抜かれた神戸ビーフや新鮮な魚介類を中心に、独特のタレでお召し上がりいただく和風スタイルの鉄板焼。

期間 通年 ※年末年始、みなとこうべ海上花火大会除く
料金 お一人様¥19,440

詳細を見る

予約する

お問い合わせ TEL.078-333-3528


おすすめ情報

※ 入荷の都合により原産地及びメニュー内容が変更になる場合がございます。
※ 上記税込価格の10%をサービス料として頂戴いたします。
※ 写真はイメージです。

このページのトップへ